ベイロバについて

突出した個性より、足並みを揃えた方が無難な現代。自分らしさを引き出すには?
平凡になりがちな「シンプル」に違いを引き出す為にこだわりまくったデザイナーの話。

Beiroba(ベイロバ) … 無限を意味するブランドのコンセプトと新作について、デザイナー本人に直撃取材!
            凄まじい「こだわり」と「追求心」から生まれた2つのラインで初登場!

Beirobaのブランドコンセプト

製作過程のデザイン

新ブランド「Beiroba」(ベイロバ)
「膨大な数」を意味する言葉から名づけたブランド名は、 限りある世界で、誰しもがもつ「無限の可能性」を思い起こして欲しい という思いから。

数ミリの違いを研究してきた元プロダクトデザイナーがデザイン

製作過程のデザイン

前職でプロダクトデザイン(製品デザイン)を考え抜いてきたデザイナーが 今回の新作デザインを担当。日常生活に溶け込んだ製品でありながら、他との違いを意識してもらうモノを追求してきた。数ミリの角度や幅が印象に大きく影響をおよぼすことは熟知している。
そんな経験から 今回の新作アクセサリーに関しても数ミリ単位でサイズにこだわりを持ち、熟考しました。

“少ない要素”だけで美しく見せるって 実はすごく難しいんです

製作過程のデザイン

『何の変哲もない形でもなんだか美しく感じたり、新しく感じるのは、その時その時代の感性に響くシンプルの中の”ひねり”があるからだと思っています。
人の感性ってすごく繊細で敏感だから、ほんの少し違うだけでもそのものの捉え方が変わってくる。 ほんの少しだけ角度を傾けたり、ほんの少しだけ長くしてバランスを変えるだけで、新しく感じたり、かっこよく見えたり。

製作過程のデザイン

だから、 一つ一つの線の角度や長さ、一つ一つの面の形や数を すこしずつ変えながら美しく感じるデザインを何回も何回も微に入り細にいり描き直して探しました。』
こう語るのは今回のデザイナー。
最終的に仕上がったものだけ見ると、簡単な線形で描かれた極シンプルな形に見えますが、大きな行程を経て行きついたデザインだったというわけです。

シンプルなのに何か惹かれる、と思って頂けたら最高

製作過程のデザイン

特徴的な要素をなるべく減らして、削って。そうして行きついたこだわりあるシンプルが このネックレス。このネックレスをまだ見てない人に説明してと言われたら難しくありませんか? 説明できる特徴が削り落とされているのです。説明できないけど何かカッコイイ。と思って頂けたらデザイナー冥利につきます!

自分らしく育てていく SILVER925製

Silverの魅力は傷がつくこと、酸化してくすむこと。
当該のネックレスは初めは美しさを保てるようプラチナコーティングで仕上げてあります。だんだんとコーティングがはがれていった後は傷や酸化による燻しを存分に楽しんで下さい。それはあなただけのオリジナルであり、歴史です。長く使いたくなるシンプルデザインで仕上げているのでじっくり自分らしさのある一品になってもらえるよう願っています。

First Line「BLACK DIAMOND NECKLACE」

ベイロバブラックダイヤモンドネックレス

Second Line「MENS AMULET NECKLACE」

ベイロバアミュレットネックレス

Third Line「BLUE SAPPHIRE LEATHER BRACELET」

ベイロバレザーブレスレット

Fourth Line「SV925 × NFC SILVER RING」

ベNFCシルバーリング

Fifth Line「 FLAT and EDGE SILVER BANGLE 」

ベイロバシルバーバングル

Sixth Line「 CURVE NECKLACE 」

ベイロバシルバーネックレス

Seventh Line「 ROSE CUT BLACK SPINEL PIERCED 」

ベイロバシルバーピアス

top